電子タバコの仕組みと人気のフレーバーとは?


電子タバコの仕組みについて

電子タバコは、リキッドを加熱することで水蒸気を発生させてタバコのようにその水蒸気を吸って楽しむアイテムです。禁煙グッズとしても人気ですが、電子タバコには3ピースと2ピースの2種類があって種類によって水蒸気の量などが違ってきます。
3ピースは、水蒸気を発生させるためのアトマイザー、リキッドを入れるためのカートリッジ、熱伝導させるためのバッテリーの3つのパーツからできています。2ピースは、アトマイザーとカートリッジが一体化していて、バッテリーを使って加熱します。

3ピースはリキッドを入れる量が少なく、前回使用したリキッドの香りが残りやすいです。2ピースの方がリキッドを多く入れることができ、水蒸気の量もたくさん出るというのが特徴です。

人気のフレーバーとは

電子タバコの特徴として、フレーバーの数が多いということが挙げられます。タバコの代わりとして使えるタバコの風味を再現したフレーバーから、すっきりとした爽快感を楽しむことのできるメンソール系フレーバーなどが挙げられます。
爽快感と同時に甘さを感じたいという場合には、ドリンク系フレーバーが良いとされています。清涼飲料水やカクテル感のある香りを楽しむことができます。
新鮮な甘味を楽しみたいならフルーツ系を選べます。本物のようなみずみずしさを感じられるような、グレープフルーツや桃、ブドウなどいろいろなフレーバーを選ぶことが可能です。
スイーツ系のフレーバーも販売されています。甘いチョコレートの香りやバニラの香りなどがあります。

ニコチンリキッドは電子タバコに使用するフレーバーの一種です。タバコの葉から抽出したニコチンを含んでいるので、紙巻きタバコの風味をそのまま堪能することができます。